Takuma -Life Log-

日常で良いなと思ったモノや役立つTips等を紹介しています!

コーヒーは挽きたての豆で淹れるに限る!

2020年

あけましておめでとうございます!

今年もよろしくお願いします!

 

 

2019年の年末は実家の富山へ奥さんと一緒に帰り、正月をゆっくり過ごし東京へ戻ってきました。

 

↓写真は富山駅北口にある環水公園内にあるスタバです。ちなみにここは世界一美しい場所にあるスタバとも言われています。ただ年末は雨と風が強くて散々でしたね。。。
f:id:takuma0321:20200103211946j:image
f:id:takuma0321:20200103212042j:image

 

ゆっくりできたのは良いのですが、とにかく年末は移動が大変でした。。

行きは自由席の帰省ラッシュ、帰りは高速バスで6時間と移動でかなり疲れました。

 

そして今日は今年からやってみたかったことについて書きたいと思います。

 

コーヒーミルで挽きたてのコーヒーを飲むです。

 

今までハンドドリップはしていましたが、豆ではなく全て粉状のものを購入していました。

 

今まではそれで満足していたのですが、コンビニのコーヒーのほうが美味しいなー、とかこのコーヒー全部飲みきれないなーとか思ってました。

 

挽きたての豆のほうが香りが良いとか、美味しいとかは分かってはいたのですが、粉も真空にして保存しておけばそれほど味落ちしないでしょ、と思ってました。

 

 

ところが、、、

 

今日購入したコーヒーミルで今までのコーヒー生活がらがらりと変わってしまいました。


f:id:takuma0321:20200103205400j:image

 

写ってるのはカルディのオリジナルコーヒーミルですが、コーヒーミルは別に何でもいいんですよ。挽きたての豆が美味しいということだけ伝えたいのです。

 

※コーヒーミルの商品リンクはこちらhttps://kaldi-online.com/category/COFFEE_KIGU/4515996017612.html

 

 

 

コーヒー豆は藤田珈琲のエチオピア産モカ を選びました。

f:id:takuma0321:20200103205950j:image

 

豆を購入するのも初めてでどれを選んだらいいのか分からなかったのですが、富山のK3という大型家具屋さんの珈琲グッズ売り場で割と安く売ってた豆がそれでした。

 

確か400gで800円ほど。

 

 

初めて手動で豆を挽いてみた感想としては、楽しい!

ゴリゴリと硬くもなく柔らかくもない感触ですり潰す感じが心地よいです。

 

豆の香りも挽いたその瞬間から香ります。

 

私はカリタのドリッパーペーパーフィルターを使用してますが、まず引いた豆にお湯を注いだ時、白のフィルターの染まり具合から違うと分かりましたね。

 

抽出の濃さが違うなーと(素人コメントでごめんなさい)

 

 

 

そして、

 

ドリップ後のコーヒーを飲んだ瞬間の感想は、

 

「なんだこのオシャレな味!スタバじゃん!フルーティーな味がする!」

 

大袈裟なようですが、実際そんな言葉を発していたと思います笑

 

ホントに今までの粉コーヒーって酸化しまくってて、湿気た味だったのだなーと。もう戻れないな、あの味には。

 

挽きたての豆でコーヒー淹れただけで、コンビニのコーヒーどころかスタバみたいな大手コーヒーチェーンの味が出せるんだなと驚きました。

 

こうなれば、色んなコーヒー豆を試したいなーと年始からワクワクしております。

 

粉コーヒーを買ってドリップしてる皆さん、騙されたと思って是非コーヒーミル(何でもいいので)を手に入れて挽きたてのコーヒーを飲んでみてください!

 

わざわざコーヒーミルを買ってハンドドリップする価値があります!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【バルミューダ】高級電気ケトル買ってみた!新色クロームを紹介!

こんばんわ。

 

お久しぶりです。

投稿の間隔が延びると閲覧者もあっという間にいなくなりますよね。

そうであっても、見てくれてる誰かのために投稿します笑

 

 

今回は電気ケトルを買いました!

実は家電はたくさん持っているもののケトルは初めて買います。

しかも衝動買いです。

 

昔はハンドドリップやってましたが、面倒になりコーヒーメーカー→ネスプレッソマシンという流れで手入れのほとんど要らないコーヒー生活を送っていました。

が、ブームはまた訪れるということですね。

 

 

正直ケトルなんて4000円くらいの山善とかアイリスオーヤマで良いかなーと思ってたんですが、長く使うことを考えて高級思考で選びました!

あとメインはコーヒーのハンドドリップなので先が細いものに絞ってます。

 

 

その結果がこちら、

 

「BALMUDA The Pot 0.6L Chrome

 

 

 

カラーが3種類あり、ブラック、ホワイト、クローム(ダークなメタリック調)とありますが、私が購入したのはクロームです。

 

ただ、ブラックとホワイトは約12000円なのに対し、クロームは17500円!!

 

庶民の私にしては非常に高いんですが、プレミア感の出るこの色に惹かれ買ってしまいましたね。

 

 

 

早速開封します。

 

 

f:id:takuma0321:20191217203227j:image

シンプルな箱に梱包。


f:id:takuma0321:20191217203316j:image

バルミューダらしいシンプル、飾らない印象。

 


f:id:takuma0321:20191217203405j:image

こちらが本体。日の光に当たっているためかシルバーっぽく見えますが部屋の中では黒っぽい感じに見えてます。

 


f:id:takuma0321:20191217203519j:image

ドリップするための注ぎ口。

 


f:id:takuma0321:20191217203845j:image

内部はこんな感じ。管みたいな物が見えますね。

ちょっと掃除は大変かもしれませんね。

 


f:id:takuma0321:20191217203949j:image

この蓋。実はココが私の一番のポイントでした。

私は金属のシャリッとした擦れる音が苦手なので、他のケトルややかんは蓋も本体も金属なのでその音がすごくするんですね。

比較されてるVitantonioのケトルも蓋と本体が金属というのもあって、断念しバルミューダを買いました。

 

そのくらいと思われるかもしれませんが自分としては毎回あのシャリッとした金属音がとてもストレスなんです。

 

それに比べてこの蓋はパッキンも付いてるのでカポっとした音がします。これぞストレスフリー(自分だけ)なケトル!


f:id:takuma0321:20191217204442j:image

そしてハンドル下にあるランプと底にある電源スイッチ。

この部分が橙色の真空管アンプを思い出させるようなランプを点灯します。

 


f:id:takuma0321:20191217204845j:image

台座にセットし底付近のスイッチを下に下ろすと熱し始めます。と同時にハンドルのランプも付きます。

約3分ほど経ちますと沸騰し、電源スイッチが切れて、ランプも消灯します。

 

ここで思い出すのは、Vitantonioのほうが保温も出来るし、温度設定も出来るし、ハンドルもウッド調だしと悩んだことですね。

 

まぁ保温すると電気代食うし、飲みたいときはサッと作るし、木のハンドル部分はいずれグラついてきそうな作りしてるしと思いそこは割り切りました。

 


f:id:takuma0321:20191217205234j:image

このくらいの明るさがクローム色が映えますね。

部屋の雰囲気から黒しかないと思ってましたが、これもありかなと思ってきました。高級感あるし。

 


f:id:takuma0321:20191217205517j:image

急遽ドリッパーがないことに気付き100円ショップで買ってきました笑

いずれ良いのが欲しいです。

 


f:id:takuma0321:20191217205618j:image

こんな感じでセット。

懐かしい。最近はネスプレッソのカプセルでコーヒーを飲んでたので、ハンドドリップはほんと久々です。


f:id:takuma0321:20191217205738j:image

この濃厚な泡の感じが良いですね。

淹れたての香りもダイレクトに感じることが出来るので改めてハンドドリップも良いなと思えました。

 

 

正直お湯を沸かす機能しかこのケトルありません!

ですがシンプルなデザイン、機能だからこそ使いがいが出てくる。自分にとって蓋の金属音のストレスもない。

 

また毎朝コーヒーを淹れる生活を迎えることができて楽しみになりますね!

 

【Kindle Paperwhite】ゆっくり読書 カバー紹介

こんにちわ。

 

先週から土日も働いていましたが、ようやく3連休に入り、落ち着いてきました。

 

こういう日は朝からコーヒーを淹れて、日当りのよい場所で読書したいですね。

 

ちなみに私は読書にはAmazonKindleを使ってます。

紙の本も良いのですが、持ち運びに大変なので自分にはこれが合ってますね。

 

あと最近Kindle unlimitedに加入して読み放題になりました!

ふとした時に探してまくっては読み漁ってます笑

新しいジャンルの本にもチャレンジしたり出来ますしね。


f:id:takuma0321:20191102113852j:image

 

かれこれ、初代Kindle Paperwhite〜マンガモデル〜現在の防水モデルと3台に渡って使用してきました。

 

今までは純正のカバーを取り付けていたのですが、なんと言っても重い、、あと値段が高い。。。

 

今回思い切って格安のカバーを買ってみました。

 

↓画像リンク 

 

表面はフェイクレザーのような質感ですね。純正カバーとそこまで変わらない質感ですね。

 

安価ですが、フィット感は半端ないです。外すの大変だなというレベル笑


f:id:takuma0321:20191102114303j:image

 

裏面。一部プラスチッキーな部分が見えますが範囲が狭いのでそこまで安っぽく見えることはなさそう。
f:id:takuma0321:20191102114312j:image

 

カバーの裏面。ディスプレイに傷つかないようソフトな手触りとなってます。あとATiCとロゴが入ってます。
f:id:takuma0321:20191102114322j:image

 

充電ケーブル接続部。
f:id:takuma0321:20191102114332j:image

 

もうかれこれ数カ月使ってますが、端っこのほつれなどはなさそうです。

 

まぁ安いので劣化が来るとすればこの辺でしょうか?

可動部の端の処理の部分は劣化しやすそうですね。

 

 

純正が3200円-6000円程するのに比べて、こちらは4分の1の値段で買えてしまいますので、まぁ文句は言えないですね。

 

カラバリは色々あるみたいですが、私は安定の黒を買ってしまいました。

安いのでいくつか買ってみて、気分次第で使い分けるのもありかなと思います。

 

では良い3連休をお過ごしください!

 

 

↓購入リンク↓

【豚丼ながい】夜メニュー 〜ちょい飲みフレンチセット〜

 

こんばんわ!

 

月食事した豚丼ながい」にまた行って参りました。

 

お店についてはこちらをどうぞ!

 

 

tkms.hateblo.jp

 

 

今回もフレンチ仕込みの豚丼が食べたくなって来たのですが、実は前から気になっていた夜のメニュー「ちょい飲みフレンチセット」が狙いです!

 

普通のおつまみセットと思いきや、なんとフォアグラが食べれます!

 

メニューの内容は↓

 

ちょい飲みフレンチセットA
・チーズ盛り

・生ハム

・フォアグラ西京漬け

・お好きなドリンク(アルコール含む)

 

    or

 

・牛テール焼き・お好きなドリンク(アルコール含む)

 

という内容です。(フォアグラの西京漬けって何だろう?と気になります)

 

 

券売機でチケットを購入して、おつまみセットか牛テールのセットどちらか選びオーダーします。

 

↓夜のメニュー詳細
f:id:takuma0321:20191023195024j:image

 

お酒飲みたかったのでハイボールをドリンクとしていただきました!


f:id:takuma0321:20191023195122j:image

 

この写真だけ見たら「え!?豚丼のお店??」と思いますよね笑

 

そして、、、
f:id:takuma0321:20191023195534j:image

 

これで1500円てかなりお得なのではないでしょうか!?

 

 

目当てのフォアグラ西京漬けですが、(フォアグラ自体ほとんど食べたことないですが笑)チーズのようなねっとりとした食感に若干の甘みとコクが合わさった様な贅沢な味でした!

 

もちろんブルーチーズも生ハムもおいしい。

 

干しぶどうも付いていたのですが、意外にも凄く美味しく感じました笑

 

 

 

江古田でほろ酔い気分になりたい方は是非!

 

 

 

↓↓お店のリンク貼っておきます↓↓

food-web.site

 

【美味しい豚丼のお店】豚丼ながい

こんばんわ。

台風が近づく雨の中、以前から気になっていたお店に行ってまいりました。

 

江古田駅近にある「豚丼 ながい」です。


f:id:takuma0321:20190923195637j:image

 

 

こちらは本場フレンチ仕込のシェフながいさんが開いた豚丼専門店となっています。

詳しいURLはコチラ↓

http://food-web.site/butadon-nagai/


f:id:takuma0321:20190923195503j:image

 

営業時間はコチラ↓
f:id:takuma0321:20190922212827j:image

 

 

店の中はカウンターベースですが、二人テーブル席が二つほどあります。

そして、カウンターにはずらりと並んだ珍しい調味料が。

こちら手作りのソースらしく、赤ワイン、オレンジ、柚子胡椒をベースにしたソースが並んでいます。

f:id:takuma0321:20190922212850j:image

 

表面にバターが浮いているので少し混ぜつつかけると良いとのことです。

 

 

私は豚丼の並を頼みました。価格は780円です。f:id:takuma0321:20190922213141j:image

 

丼に味噌汁、お新香付。

 

調理しているところを見ていたのですが、とても丁寧に作られています。

ぱっと見は普通の定食のようですが、よく見るとそれぞれ丁寧に作られているのが分かります。

 

今日の味噌汁は顎だし(トビウオ)だそうで、魚介出汁が効いてとても美味しい。豚汁の日もあるそう。

基本、味噌汁にまでこだわってる店はアタリですね!

 

 

豚肉は甘辛のタレが絡めてあり、程よいコゲ目と綺麗な照りを出しています。

豚肉の下には少量のもやしが敷いてあります。

 

今回LINEのフレンド登録するとトッピング1個無料だったので、味付けたまごを選びました!

無料になるトッピングは半熟たまご、味付けたまご、チーズ、バター、とろろ、ハラペーニョなど豊富です。

 

選んだ味付けたまごはなんと仕込みに4日間かかるそうで、作り方もちらっと聞いたのですが、なかなか手の込んだ味玉でした。

 

もしかしたら漬物も自家製かもしれませんね。美味しかったので。

 

肉を数枚食べたら、特製の自家製ソースを振りかけて食べてみることをオススメします。

 

私は個人的に赤ワイン、スモークハバネロソースが気に入りました!

途中で味変できるので、飽きずに食べれます。

 

もし、江古田に寄った時には是非!!

 

Fire HD 8 タブレット (8インチHDディスプレイ) 32GB - Alexa搭載

Kindle Paperwhite 防水機能搭載 Wi-Fi 8GB 電子書籍リーダー